ブログblog page

たての日和:2019年度春号!

2019年04月27日 (土) 16:43
たての日和Vol6 上村院長巻頭言:院長 上村晋一  前回の挨拶で今年の干支は、己亥(きがい・つちのとい)であり、今年は外界に過度に影響されず、自らを省み正すことを常に意識して、外物を内へ含蓄していくことに努めようと述べました。地震から3年が経過し、病院裏山の修復工事もほぼ完成、災害公営住宅への引っ越しも始まり、周囲もいよいよ復旧から復興モードへギアチェンジされつつあります。とはいえ未だ体力があるとは言えず、闇雲に突き進むことを自重することを意図して今回のテーマを「省」としました。論語学而編に「我日に我が身を三省す。」とあります。三省堂という有名な出版社の由来と聞きました。・・中略・・さらに、私の私淑する安岡正篤先生は「省」を省みるだけでなく、省くことにも重きを置かれていました。新しいことをやるときには古くなったことを省くことも大変重要であることを説かれていました。御代替りの新元号が「令和」と決まりました。浮かれることなく、復旧復興に対する感謝を忘れることなく、謙虚に一燈を灯していきましょう。

詳しくは、こちらへ...
​2019年春号Vol.6
(pdf形式:2,084KB)