<診療科目(2018年11月現在)>
内科、消化器内科、循環器内科、代謝内科、人工透析内科、外科、消化器外科、整形外科、心臓血管外科、泌尿器科、リハビリテーション科、放射線科、神経内科
※病院の最新状況は、こちらも...
南阿蘇(1) 南阿蘇(2)
平成29年4月から段階的に再開し、
現在当院は、入院や一般外来、救急、人工透析に対応 しております。
これからも南阿蘇の地域医療に継続的な貢献を行ってまいります。
電子カルテ導入に伴うお知らせとお願い
電子カルテ導入案内 当院では、「医療の質のさらなる向上と効率化」を目指し、平成30年9月18日(火)より、電子カルテによる診療を開始いたします。
不慣れな点などがございますので、しばらくの間待ち時間など、患者さんや関係者の方々にはご不便をおかけいたします。職員一同、精一杯取り組んで参りますので、皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。
左向き矢印​ Facebookでも情報発信!随時更新中!こちらもご覧ください..

求人募集について

求人募集ポスター 建物の改修工事等を経て平成29年4月から段階的に再開し、8月以降、入院や一般外来、11月には人工透析を再開いたしました。また、平成30年1月には全館機能を復旧し、更に、同年9月18日から電子カルテを稼働させ、「医療の質のさらなる向上と効率化」を目指しています。当院と共に、南阿蘇の地域医療継続に力添えいただける方、歩んでいただける仲間を歓迎いたします。

現在の募集職は次の通りです。
・医師
・健診センター/看護師
・看護職・介護職
・一般事務



詳しくは、こちらをご覧ください...

あそ統合医療研究所:イベントのご案内

コグニサイズ 認知症予防体操「コグニサイズ」
開 催 2019年(平成31年)平成31年3月7日(木)
講 師 菊池女子高等学校 社会福祉科(1~3年生)
会 場 阿蘇立野病院 新館4階コミュニティホール
ご注意
 身体を動かします。当日は動きやすい服装で。
 参加費は無料です。
 ※添付パンフレットもご活用ください。

コグニサイズ  案内資料(PDF形式:345KB)
 詳しくは、こちらへ...
ヨガ教室のご案内 ヨガ教室のご案内
2019年(平成31年)3月開催
計5回

ヨガ教室のご案内  案内資料(PDF形式:122KB)
 詳しくは、こちらへ...

工事だより(病院裏山)

工事だより1902 ​  阿蘇立野病院裏山で行われている治山 工事の状況をお伝えします。画像をクリックすると、拡大した資料を表示します。
2019 年2月号として

NEWS

2019-03-12 「一般事務」職の募集
この度、以下のように一般事務の募集を行います。平成30年9月18日から電子カルテ...
2019-02-24 あそ統合医療研究所:イベントのご案内(3月開催)
認知症予防体操「コグニサイズ」開催2019年(平成31年)平成31年3月7日(木...
2019-02-21 「たての日和:2019新春号」をお届けします。
平成最後の今年の干支は、己亥(きがい・つちのとい)であり、「(おのれ)を正し百物...
2019-02-09 イベントのご案内:2月と3月
2月は、ヨガ教室を開催中です!心身健康!3月には、講師に菊池女子高校のみなさんを...
2019-02-09 工事だより(病院裏山):2019年2月号として
工事の進行状況です。​安心を確保するため、たくさんの方々のご尽力により、工事は着...

連絡先について...

順幸会各病院へのお電話は、次のように受け付けます。
・阿蘇立野病院:0967-68-0111
・上村医院:0967-35-0336
!このHPの「お問合せメール」からもご連絡いただけます。ご利用ください。
​!阿蘇立野病院への郵送、配送につきましては、現住所で受付可能です。
(2017年8月28日(月))

防災関係情報提供

南阿蘇村復興まちづくり

南阿蘇村より、2016年12月26日に「南阿蘇村復興まちづくり」について掲載されました。
その説明資料に当院早期再開の支援についても触れていただいています。
是非、ご覧ください。

南阿蘇村ホームページ
・南阿蘇村復興まちづくり計画(素案)について:記事全体
南阿蘇村復興まちづくり計画(案:12/26 時点)PDF資料
 計画P.17に掲載(以下、掲載内容の抜粋)
 ------
 3.保健・医療・福祉・教育の復旧・充実
  地域の拠点病院である阿蘇立野病院の早期再開を支援します。
​ ------

病院機能評価当院は、財団法人日本医療機能評価機構が定める認定基準に達していることを認められています(認定第JC494-3号(2015年7月3日交付))。


(財)日本医療機能評価機構とは・・・

患者様が適切で質の高い医療を安心して受けられるよう、医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、 その結果明らかとなった問題点の改善を支援する第三者機関として設立されました。